化粧崩れしにくい肌になるためのスキンケア

女性の悩みの一つとして、化粧崩れがあります。誰でも大なり小なり経験していると思われる化粧崩れですが、日々のスキンケアで、崩れにくくすることが可能なのです。
化粧崩れしにくい肌にするには、水分と油分のバランスを取ることが重要です。特に、皮脂による化粧崩れが多いと思いますので、朝の洗顔で余分な皮脂を取り除くようにしましょう。洗顔の前に、皮脂の気になるところを部分的にクレンジングするだけでも違います。また、化粧をする前に、化粧水を染みこませたシートマスクなどを使って10分ほどのパックをすると、肌に水分が十分に浸透します。化粧水・美容液・乳液なども、手の平で温めてから肌にハンドプレスをする方が、馴染みが良くなります。十分に馴染んだ、と感じてから次をつけるようにしていきましょう。
また、皮脂が分泌される毛穴のケアも大切です。蒸しタオルなどで肌を温めて毛穴を開いてから洗顔やオイルマッサージをして、毛穴の汚れを取り除きましょう。そして、収れん化粧水などを含ませたコットンで肌を優しくパッティングすると、毛穴が引き締まります。この、毛穴の温ケア・冷ケアを交互に行うことで、毛穴の開閉のエクササイズになってたるみ毛穴の改善に。最後は冷ケアで終えると、余分な皮脂分泌や化粧崩れにも効果を発揮するそうです。
日々のスキンケアにちょっと手間をかけるだけで、化粧崩れしにくくなる肌になれます。今日から出来る簡単なコツなので、ぜひ試してみてください。