化粧下地を付けてメイクをするとメリットがたくさん

女性ならたしなみとして皆さんお化粧をされるかと思いますが、化粧下地を付けなくてもメイクはできるので、めんどくさかったりベタつくからという理由で付けずにメイクをしている方もいるようですが、化粧下地には付けるだけの理由があります。

まず。下地を付けることによってお肌の毛穴やキメを目立たなくさせますし、ファンデーションがお肌に直接触れないので、お肌の負担を減らしたり、メイクが落としやすくなりま。

他にも、下地の効果でお肌の色味をコントロールできるので、赤みなどが気になる方は付けてメイクをするだけで、肌の印象が変わってきます。

そして化粧下地を付ける最大の理由は、ファンデーションが毛穴の奥に入り込むと、メイク汚れが落ちにくくなりますが、下地を付けることで毛穴に入り込みにくくなるので、お肌を保護することができるのです。

化粧下地を付ける時には、毛穴を引き締める効果のある化粧水を付け、顔の中心から外へ広げるように薄く、指先の腹で伸ばしていきます。付けてからしばらくして下地がベタつかなくなったら、ファンデーションを塗っていきましょう。